My Break! Times 第022回 しっかり洗ってる?化粧道具を清潔にしよう☆

しっかり化粧しているそのお肌、本当にきれいですか??

  
・いつもニキビや肌荒れを繰り返している。
・スキンケアをしていても、いつの間にか肌荒れしている。
・そういえば最近、ファンデーションを塗る時にムラができやすいかも。
・化粧をしたら肌荒れするから化粧品が合っていないのかも。化粧が嫌になってきた。。

1つでも当てはまる方!
その原因、もしかしたら化粧道具を洗っていないことが原因かも!?

◆パフやブラシって洗わないとどうなるの?

洗わないパフやブラシは「菌の宝庫」と言われるほど。
ファンデーションのついたパフは肌の皮脂や油分を吸収します。それをエサとして、雑菌や細菌が繁殖します。
さらに、湿気がある洗面所などに置いてある場合は雑菌を培養しているようなもの…
恐ろしいことに、夏は雑菌が約8万個、秋は約4万個も検出されると言われています。
1週間使い続けたパフは、トイレの床よりも汚いそう…
そんな汚い状態でお化粧をしていたら、ニキビや肌荒れが出来るのも想像がつきますよね。

見た目では分からないし、今お肌のトラブルが無くても、
化粧道具もきちんとメンテナンスをしないと雑菌がウジャウジャです…

一生モノのお肌を守るためにも、化粧道具のメンテナンスを見直してみましょう!

◆どのくらいの頻度で洗えばいいの?

できれば、毎日洗うのが理想ですが、難しい方がほとんどだと思います。
2,3日に1回、1週間に1回、パフを両面使ったら洗うなど、自分で洗いやすいペースで洗いましょう☆

パフ・スポンジの洗い方

①ぬるま湯に浸す。
②中性洗剤(食器用洗剤)をパフに500円玉ほど取り揉み洗いをする。
③流水で流して汚れを落とす。

優しく揉んで汚れを落としましょう。あまり強く揉むと形が崩れてしまうので要注意です!

ブラシの洗い方(人工毛)

①コームを使ってブラッシング、この時に中に入っている粉を落とす。
②コップにぬるま湯と中性洗剤を溶かし入れて、ブラシを揺らし入れながら洗う。
③お湯をかえてしっかりすすぎをする。

動物の毛である天然毛のブラシは、石けんや洗剤で傷みやすいので注意をしましょう。
ブラシの説明書に記載されている場合は、説明書通りにお手入れをしましょう。

シャドウチップの洗い方

日ごろから、使い終わったらすぐにティッシュなどで汚れを拭き取りましょう。
両面使い終わったら、「パフ・スポンジの洗い方」同様に、中性洗剤で洗いましょう。

ファンデーションケース・シャドウケースの洗い方

リフィルを取り換えるついでに、洗いましょう☆
中性洗剤(食器用洗剤)で、食器を洗う時のように洗いましょう。
意外と細かいところに粉が溜まっていますよ!
シャドウケースは、綿棒をぬるま湯で少し濡らして汚れを拭き取りましょう。

マスカラブラシの洗い方

クレンジングオイルで汚れを落とし、泡立てた洗顔フォーム・石鹸で汚れを洗い落としましょう。
専用の洗浄液もあるので、使ってみるのも良いですね☆

ビューラーも清潔に!

ビューラーは使い終わるごとにティッシュなどで汚れを落としましょう。
ビューラーのゴムも、弾力が無くなってきたり跡がつくようになってきたら取り換えましょう☆

リップブラシお手入れ

日ごろのお手入れとして、使い終わったらティッシュなどで拭き取りましょう。
洗浄の際は、「ブラシの洗い方」同様に洗ってくださいね☆

◆最後に・・・しっかり乾燥しよう☆

せっかくきれいに洗っても、干し方を間違えると、菌の宝庫に・・・

パフ・スポンジ
タオルでしっかり水気を拭き取り、日陰で吊るし干しをしましょう。
難しい場合は、スポンジ同士を立てかけて乾燥させます。
この様にすると、普通に置いて乾かすよりも乾きが早いです。
ブラシ
タオルで水気を拭き取り、コームなどで毛の形を整えて陰干しにします。
水分が残ったままだと、余計に菌が発生してしまいます。
できれば毛先は下向きに、難しければ横向きに置いて陰干しをしましょう。

パフやスポンジは半日~2日、ブラシは大きさにもよりますが2~3日で乾きます。
社会人の女性は毎日お化粧をする方がほとんどだと思いますので、
パフやスポンジのスペアがあると良いですね☆

◆化粧ポーチは大丈夫?

化粧道具もピカピカになったし、ポーチに戻そう…
ちょっと待って!そのメイクポーチ、今までで一度でも洗ったことはありますか?

いくら化粧道具をキレイにしたとしても、それを収納しているポーチが汚いままだとせっかくのお手入れが水の泡です。
化粧道具と同様に、定期的に汚れをチェックしたり洗ったりしましょう。

洗えるポーチであれば中性洗剤による丸洗いをオススメしますが、丸洗いが難しい場合は濡れ布巾やウェットシートなどで汚れが見つかり次第キレイに拭き取りましょう。
洗うのに自信が無い方は、汚れが落ちやすいレザー系やビニール系素材のポーチをオススメします。
洗うのが面倒…そんな方は月に1・2回ポーチを替えましょう。清潔さを保つだけでなく、気分転換にもなりますよ♪

◆化粧道具を清潔にして、美人になろう☆

今回は中性洗剤を使った洗い方を中心にご紹介しましたが、化粧品メーカーによっては
専用の洗浄液を販売しているところもあるので、ぜひチェックしてみてください。
また、中性洗剤の香りが気になる方は、洗顔フォームやクレンジングで洗浄してもOKです!
毎日洗うのがめんどくさい…そんな方はお風呂に入るついでに一緒に化粧道具を洗ってみましょう☆
入浴のついでに洗う方が手間に感じないかもしれません。

化粧道具がピカピカになるともっと化粧が楽しくなりますよ♪
意外と簡単に洗えますので、美肌・女子力向上のためにも化粧道具は常にキレイな状態を保ってくださいね。