My Break! Times 第027回 髪が綺麗な女の人はモテる!いますぐあなたも“美髪”を手に入れよう!

よく、「髪は女の命」と言いますが、日本女性の7割が髪で損をしているそうです・・・

・傷んでパサついた髪
・ずっと伸ばして切れ毛のある髪
・根元がプリンになっている人  など

女子力は高くても、ダメージのある髪を見ると、少しがっかりしちゃいますよね|д゚)

髪がサラサラで潤いやツヤがある人や、ヘアスタイルがいつもきちんとしている人は、
女性らしくてお手入れもちゃんとして余裕がありそうなイメージがありますね♪

スキンケアやダイエットばかり気にして、髪のことが疎かになっていませんか?

今回は、“美髪”になるための秘訣をお教えします☆彡

■まずは、髪の毛の構造と性質についてご紹介します!

人の髪の毛の構成成分は、約80~90%が“タンパク質(主にケラチン)”で出来ているんです。
12~13%が“水分”。その他に、脂質・色素・微量元素などがあります。

続いて髪の構造です。
毛髪は頭皮(皮膚)から作りだされており、のり巻き状の構造で下記のような役割があります。

・メデュラ(毛髄質)
 髪の毛のほぼ中心部分に存在し、途切れたり存在しなかったりする場合もあります

・コルテックス(毛皮質)
 髪の毛のほとんどを占め、メラニン色素を持っており保湿力が高く、髪にしなやかさや弾力を与えます

・キューティクル(毛小皮)
 髪の毛の外側を、根元から毛先に向かって鱗状に5~8層重なり、バリア構造で髪を守っています

★☆彡基本的な髪のお手入れ★☆彡

▽ブラッシングをしよう

ブラッシングは、頭皮の血行を良くして栄養を行き渡らせるので、ツヤ髪づくりに効果的!
お風呂に入る前にも髪の毛をブラッシングしましょう!そうすることで、髪についた埃や抜け毛を取り除くことが出来ます。
ブラッシングは根本からではなく、毛先から絡まった髪を解くように丁寧にするのがポイント♪

プラスチックやナイロン製のブラシは静電気が発生しやすく髪を傷める可能性があるので、
木製の物や、豚毛や猪毛のブラシで、毛先の柔らかいものがおススメです!
ブラシの形状は、先が尖っていないもので、目の粗いものがいいです♪

▽髪をしっかりすすぐ

シャンプーをする前にしっかりと髪をすすぎましょう!
軽くすすぐ程度ではなく、シャンプーの泡を洗い流すのと同じくらいの時間をかけることで、
頭皮の毛穴が開くだけじゃなく、皮脂の汚れが流れて、シャンプーの泡立ちが良くなりますよ♪

▽シャンプーはしっかり洗い流そう

 
 
適量を手の平にとり、軽く泡立ててから頭皮になじませていきます!
シャンプーをする時は爪を立てず、髪ではなく地肌を洗うように、指の腹で優しくマッサージするようにムラ無く洗いましょう!
シャンプーが終わったら、しっかりと洗い流します。ぬめりが取れていても成分はまだ髪に残っています。
思っている倍の時間をかけてすすぐくらいが丁度いいですよ♪

▽コンディショナーを使用する(トリートメントも同じです)

シャンプーをした後に乾いたタオルで水気をとっておくと、コンディショナーが浸透しやすくなりますよ♪
コンディショナーは、頭皮につけてしまうと髪の毛が油っぽくなりベタベタしてしまいます。
基本的には、傷んでいる毛先から髪の毛の中間までにつけて時間を置いて浸透させるようにしましょう!

▽ドライヤーをかけよう

濡れた髪の毛は非常に傷みやすいので、低温でブラッシングしながらドライヤーを使います。
ドライヤーを一点に集中しないように、15センチ程離したところから左右に、揺らしながら、当てましょう!
早く乾かしたいからといって、高温でドライヤーをかけると髪の毛が傷んでしまいます。

髪の毛の成分であるケラチン(タンパク質)は60度以上の高温を当て続けると、熱変質を起こしてしまうので気をつけましょう!
最後に冷風で乾かすと、髪に栄養分が閉じ込められて潤いのある髪の毛になります。

▽髪の長い人は髪を束ねて寝よう

 
 
就寝時は、静電気や摩擦によって髪が傷む大きな原因!寝る時は無意識のうちにどんどん髪に摩擦が起きて傷んでしまいます。
髪の長い人は特に注意なので、できれば一つにまとめたりナイトキャップを被ったりして髪の摩擦を防ぎましょう!

★☆彡やってはいけない、ヘアケアの注意点★☆彡

▽朝シャンは絶対NG

髪の毛は夜に育ちます。
夜お風呂に入って、髪の毛や頭皮の汚れをキチンと洗い流すことで髪の毛が健やかに育つことが出来ます!
夜にお風呂に入らないと、汚れがついたままで髪の毛が育ちにくくなってしまうため、もし朝シャン生活をしているなら要注意です。

▽夜更かしはNG

 
 
髪の毛は夜に育つ・・・つまり寝ている間に育ちます。
なので育つ時間がないと、いつまでもサラサラヘアーにはなれませんよ!
夜更かしはせず、出来るだけ多く睡眠時間を取って、髪の毛の成長を促しましょう♪

▽白髪やチリ毛を発見して抜くのはNG

 
 
はやい人で30代前半から気になりだしてくる白髪、そしてダメージヘアの方に多いチリ毛、
見つけ次第すぐに抜きたくなりますよね。しかしぜったいに禁止行為! 
髪の毛を抜くと毛根を傷つけて炎症の原因にもなります!毛穴がゆがんで次に生えてくる毛がうねることもあるので注意!
白髪などが気になりましたら、切ったり染めたりするようにしましょう!

▽トリートメントのすすぎ残しはNG

トリートメントやコンディショナーはあまりすすがないほうが浸透するのでは?と思う人もいるかもしれませんが、
すすぎ残しがあると、頭皮のべたつきや毛穴詰まりを招いてしまい、髪が重くなりペタッとしてしまうことがあります。
また、流し残した成分が、お風呂上がりから髪の毛が乾くまでの間に体に付着してしまい、背中ニキビの原因になることもあるので、しっかりすすぐことが大切です♪

▽伸ばしたいからといってしばらくカットしないのはNG

 
 
カットを放置していると毛先が傷んで、切れ毛や枝毛が出来てしまいます。切れ毛や枝毛は放置すると広がってしまいます!
ダメージ度合いにもよりますが、健康な髪を保つためには、髪を伸ばしている時でも1ヶ月に一回は毛先を整えるために、美容室でカットするのがオススメです!

▽水道水で洗うのはNG

恐らくほとんどの人が水道水で髪を洗っていると思います。ですが水道水には塩素が混ざっており、塩素は髪を変色させたりパサつかせたりする原因となってしまいます!
面倒かもしれませんが、シャワーヘッドを塩素除去してくれる装置や美容成分が出る装置に変えたり、毎日トリートメントをするなどして、ダメージを軽減させるのもいいかもしれません♪

★☆彡髪に必要な栄養素を摂る★☆彡

▽タンパク質

 
髪の毛のほとんどがタンパク質で出来ているので、タンパク質を摂り、髪の毛の基盤をしっかり作ることが大切です!
・お肉(鶏胸肉・鶏もも肉・鶏ささみ・牛ヒレ・豚ヒレ)
・お魚(サバ・鮭・タラ) ・大豆(豆腐・納豆) ・卵 など

▽亜鉛

タンパク質の合成をするのに必要なのがミネラル。不足すると髪の毛の発育が遅くなり、抜け毛の原因にも!
・牡蠣 ・レバー(豚・鶏) ・ナッツ類(カシューナッツ・アーモンド) など

▽ビタミン

ビタミンB2,B6が髪の毛を育てる手助けをしてくれます!
・きのこ類(椎茸・舞茸) ・ブロッコリー ・ほうれん草 など

▽葉酸

葉酸とは、タンパク質の合成や赤血球の正常な働きに必要な栄養です!
・わかめ ・のり ・昆布 など

 
 
 
いかがでしたか?
「そうなんだ!」と新しい発見もあったかと思います♪

“美髪”は、高いシャンプーやトリートメントだけでなく、
日常の洗い方やお手入れの仕方をちゃんとするだけで、手に入れることができるんです♪

自分のヘアケアを見つめ直して、サラサラで潤ツヤな“美髪”を目指してくださいね☆彡