My Break! Times 第028回 食欲の秋!どうして食欲が増えるの?

今年もやってきました!食欲の秋

暑い夏が終わり、涼しくて過ごしやすい秋がやってきました。
食欲の秋、食べ物が美味しい季節ですね♪
秋に旬を迎える食べ物には、美味しいだけでなく美肌にも効果的なものがたくさんあります。
せっかく食べるなら美容効果も考えて食事を選びたいですよね。

◆なぜ秋になると食欲が増えるの?◆

日本人なら誰でも知っている「食欲の秋」という言葉。夏が終わり涼しくなると「食べたい!」という欲求が増しますよね。
でも一体なぜ、秋になると食欲が増えるのでしょうか?

①夏バテの回復・気温の低下

夏には暑さで食欲が落ちるもの。そんな夏の食欲減で落ちてしまった体力を回復させようと、秋には身体が食べ物を欲します。
涼しくなって食べ物が喉を通りやすくなると、それまで不足していた栄養素を取り戻そうとします。
もし痩せたいからと言って食事を摂らないと、夏バテをいつまでも引きずりかねません…
また、気温が低下すると、体温保持のために熱を作ろうとし基礎代謝が上がります。基礎代謝量が上がるとそれだけエネルギーを使うため、食欲が増すと言われています。

②日照時間の変化

太陽光を浴びる時間が減ると、食欲が増すとされています。その原因はセロトニンという幸せホルモンが減少する事です。
セロトニンは主に精神面のバランスを整えてくれ、これが減ってしまうと、うつ病になってしまったり、怒りやすくなってしまうと言われています。精神面以外にも、偏頭痛を引き起こすなど体調にも影響を与えてしまう場合もあります…
こうした状態になるのを避ける為に、身体はセロトニンの元となるトリプトファンと言うアミノ酸を欲します。そして、これが多く含まれているのが、ダイエットの天敵とされる事が多い「たんぱく質」です。
秋になると日照時間が減り始めるので、ガッツリと食べたくなってしまうものなのです。

③汗の量が減る

夏はただ歩いているだけでも汗がダラダラ流れていましたが、秋になると涼しくなり夏よりも汗をかきにくくなります。
汗として沢山排出していた老廃物も、秋になると溜まってしまい、排出されなかった分が尿に廻ってきます。
腎臓が余計な老廃物である「酸」を処理しきれず、その酸が胃の方へ廻ってしまい、元からあった胃酸と合流。
体内で胃酸として分泌されて食物の消化を強力に行います。そのため、胃酸&食欲がパワーアップしてしまうのです。

④美味しいものが増える

秋にスーパーやレストランに行くと、季節の食材や料理がずらりと並びます。
美味しい料理を眺めるだけでお腹が鳴ってしまいますよね。
こうした感覚や嗅覚、視覚の影響でも食欲は増すのです。
また冬に向けてエネルギーを蓄えておこう、という野生の本能の感覚というのもあります。


秋になり食欲が増えるのは、こうした様々な要因が相互作用しあって「食欲の秋」へと繋がっているのだと思います。
食べすぎて太ってしまわないためにも、食事管理と適度な運動を心がけると良いですね♪

◆秋の味覚ランキング◆

弊社のスタッフに聞いた!秋の味覚ランキング♪
ただ旬のものだから美味しい。というだけでなく、体にどんな効果があるのかも合わせてご紹介します♪

1位:サンマ
堂々の1位!!サンマは「秋刀魚」と書きますね。
大根おろしを添えて、美味しい日本酒やビールと一緒に食べたくなります…(笑)
そんなサンマは、EPAやDHAを多く含み頭の働きを良くするだけでなく、美肌にも効果があります。ビタミン類やコラーゲンなど、アンチエイジングや美白に嬉しい成分を豊富に含みます。
特に注目すべきは新陳代謝を高めて肌の潤いが上がるレチノール(ビタミンA)。肌の免疫力や抵抗力を高める効果もあるという、美肌には欠かせない成分です!
2位:栗
今すぐにでも出来立ての栗ご飯を食べたくなります…(笑)
ほくほくして甘くて、何杯でも食べられそうですよね。
そんな栗は、亜鉛などのミネラル・ビタミンを多く含み、食物繊維が豊富でなんと、さつま芋の2倍ほど!便秘の解消にいいですね♪
亜鉛は育毛や発毛、ビタミン類は美肌、その中でもカリウムはむくみ解消にも効果があります。
ただ注意したいのは、栄養価高いだけでなく、エネルギーも高いこと。1粒20キロカロリーはあるので
食べすぎるとご飯1杯を超えてしまいますので注意しましょう!
3位:新米
新米は、色の白さが際立ち、やわらかく粘りがあり、香りも豊か。
ピカピカに輝く炊きたてご飯に勝るごちそうは、そうありません。
新米の時期は1年間ですが、袋に「新米」と書く事が出来るのは9月以降の収穫後から12月末までと、期間限定なのです!
またお米は炭水化物をはじめ栄養素が沢山。足りない栄養素を挙げるならば、ビタミンA、D、カルシウム、脂質です。
炭水化物は1日の体のエンジンに必要な大事な栄養素。不足することで間食が増えてしまいます。
4位:さつま芋
秋になると、いつもスイートポテトを作るのが楽しみです。(笑)
砂糖が無くても甘くて美味しく、焼き芋も食べたくなりますよね。栗と同様、食物繊維が豊富なさつま芋。
ビタミンCやビタミンEなども豊富に含み、一般的には加熱調理をすると壊れやすいビタミンCも、でんぷんに守られているため失われにくいというメリットがあります。
満腹感が得られるため、ダイエット中にもおすすめな食材ですね♪
5位:柿
秋に美味しい果物といえば柿!柿はビタミンCが豊富。美肌にとても効果的な果物です。
ビタミンCが美白に有効な成分であることはよく知られていますが、柿は1個につき約140mgのビタミンCが含まれます。柿のビタミンCはレモンよりも多く、ミカンの2個分以上。柿を1個食べれば1日分のビタミンCを摂ることが出来ます。
さらに、柿には抗酸化作用のあるポリフェノールも豊富で、なんとブドウの5倍以上。ぜひ秋に沢山食べたいですね♪

旬の食べ物を食べよう!

秋の味覚は今回ご紹介したもの以外にもまだまだ沢山あります!
せっかく四季のある日本にいるので、美味しいものを美味しい時期に食べたいですよね。
ぜひ今年の秋は、秋の味覚を沢山食べて心も体も元気になりましょう☆