My Break! Times 第058回 大人でもできる!記憶力をアップする方法♪

「最近忘れ物が多い…」「なかなかすぐに覚えられない…」
最近このような経験はありませんか?

学生はもちろん、社会人になってからも覚えることは山ほどあります!
なかなか覚えられなくて、もどかしい思いをするのは気持ちよくないですよね…

大人になってからでも記憶力をアップされる方法、知りたくないですか?☆彡
今回は、どなたでも簡単にできる、「記憶力をアップさせる方法」をご紹介していきたいと思います!

【軽い運動をしながら記憶をする】

 
 
記憶力をアップさせたいときは、軽い運動をしながら暗記などをすると効果的!
ウォーキングなどを想像する人もいると思いますが、部屋の中を歩き回るといった程度の軽い運動で十分です。

運動をすると血の循環が良くなり、脳の血の巡りもよくなります。

記憶をしなくてはいけないけど、少し眠気があるといった時にも、体を動かすことで目が覚めるので、記憶の作業の効率も上がります!

【読む・聞く・見るを同時に行う】

記憶力をアップさせたいときは、出来るだけ多くの五感を使って覚えたほうが、たくさん覚えられるんです!

おすすめの方法は、声を出して読む事です。
読むという事は、資料などをまず視覚的に見て理解して、読むという行為を行っています。
さらに、声を出して読むと、自然と耳で聞いています。

この方法は、記憶したいことをただ聞き流すという方法よりは、多くの五感を使っていることになります!

【連想・関連付けると記憶力がアップ】

 
記憶する時に、その記憶する物から連想される物を結び付ける方法があります。
なかなか人の名前を覚えられない人や、忘れ物が多い人はこの連想・関連付けを活用するといいでしょう!

例えば「〇〇さんは背が高い人」「〇〇さんは髪が長い人」など、その人の見た目や感じた印象とを関連付けてみると覚えやすくなります。
また、忘れ物が多い人は「会社=〇〇」「学校=○○」「電車=○○」など、その物が必要な場所を関連付けると忘れ物も減るかもしれません!

試験問題を暗記するときでも、「紫式部ー平安美人ー恋物語ー源氏物語」という風に自分で連想しやすいワードをつなげて覚えると、
ただ「紫式部ー源氏物語」と記憶するよりは、記憶が残りやすくなります!

【顎を動かす生活習慣を身につける】

これはよく聞いたことありますが、顎を動かすと脳は活性化します!
なので、食事はできるだけ顎を動かす食品を選び、また、ガムを噛むなどして日常的に顎を動かす習慣を身につけるといいでしょう!

【手帳やメモは手書きにする】

 
 
人間は、手書きにすると記憶しやすくなります!
スマートフォンやタブレットが便利である最近は、スマートフォンなどを使ってスケジュール管理したり、メモしたりする人が増えました。
しかし、こればかりに頼っていても記憶力はアップしません!

手帳やメモ帳を常に持ち歩き、手書きで記録するようにしましょう!
同じメモでも手書きしたほうが頭に残りやすいと気づくはずですよ♪

【アロマを焚く】

 
香りを嗅ぐことによって、大脳が刺激されます!
アロマテラピーで使われる香りは、大脳の大脳辺縁系という場所をダイレクトに刺激する事ができるんです!

大脳辺縁系には記憶を司る海馬(大脳辺縁系の一部で、記憶や空間学習能力に関わる脳の器官)も含まれています。

集中力をアップさせる香りとしてレモンの香りがあげられます。
またローズマリーの香りも記憶力を高める作用があるので積極的に取り入れてみるのもいいでしょう!

【音楽を聴いて記憶力アップ】

▼たくさんの単語を暗記するときにはアップテンポの音楽

アップテンポの曲は、精神を積極的に働かせる効果があります!次々と新しい単語を覚えていく単純作業にはピッタリなのです。

聴く音楽は、自分の好きなもので構いません!
クラシックの中にも比較的明るいメロディーでアップテンポのものあるので、そういったものを聴くのもいいでしょう。
もし、お気に入りの歌手がいるのならその音楽を使うのも効果的♪

ただし、耳から入る音楽は記憶力にも影響するので、なるべく歌詞のついていない音楽を流すようにしましょう!

▼文章の暗記をするときにはスローテンポの音楽

長い文章を暗記するときには、集中力が求められます。そこでオススメなのが、定番のモーツァルトの曲!
脳がリラックスした状態を保つことが出来るので、なかなか覚えられないようなものを暗記するときにはピッタリ♪

モーツァルトの作曲した曲は、記憶を司る部分にいい影響を与えることが証明されているのです。
実際に、海外ではモーツァルトの音楽を授業中に流しているところもあり、この効果によって生徒の素行が落ち着いたり、記憶力アップ効果が期待できることが分かっています。

モーツァルトのゆったりした音楽が苦手という場合には、音量をしぼって気にならない程度に流しておくのでもいいでしょう。

【記憶力アップに効果的な食べ物】

▼「青魚」は脳細胞を活性化させる!

記憶力を上げたいときには、脳神経を活性化させるDHA、血液をサラサラにするEPAが豊富なサバ、サンマ、イワシなど青魚を食べましょう!
マグロでも大丈夫です!刺身や焼き魚にして毎日食べるといいのですが、難しいようでしたらDHA、EPAをサプリメントでとるのも一つの方法です!

▼「脂肪」で記憶力は低下してしまう!

「脂肪が多いえさを食べさせたマウスは、短期記憶が大幅に損なわれる」という研究結果が発表されました。
脂肪は脳内の記憶力を司る部分に悪影響を及ぼすので、試験や商談などの重要な仕事がある前日には、霜降りの肉など脂肪分の多い食べ物は避けましょう!

▼日曜日の夜には「牛肉」を食べよう!

 
月曜日は自殺や心筋梗塞の発生率が高いという統計があります。つまり月曜日はストレスを一番感じやすい日なのだそうです!
そこで、憂鬱な日曜日の夜には牛肉を食べましょう!

牛肉には、アラキドン酸というアミノ酸が含まれ、これがアナンダマイドという心の不安を和らげる物質に変わります。
ただし、脂肪の多い肉は記憶力を低下させますので、赤身など脂肪分の少ない肉をオススメします!

▼「レシチン」を摂取しよう!

レシチンは脳の神経伝達物質であり、記憶力や集中力の向上に効果を発揮します!
レシチンは大豆に多く含まれるので、豆腐や納豆などの大豆製品を毎回の食事に取り入れましょう!

《レシチンが多く含まれる食品》
大豆・大豆製品・枝豆・卵黄・チーズ・芋類・ゴマ油・レバー・ナッツ類など

 

 
いかがでしたか?
記憶力は変わらないし…と諦めてる方もいたのではないでしょうか。

大人になってからでも、今回ご紹介したことなどを実践することで、記憶力アップに期待が持てるのです!

ぜひ、試してみて下さいね☆彡