My Break! Times 第095回 冬だからと油断していると臭ってきてしまうかもしれませんよ!

”電車に乗っていたら、、” ”お座敷で飲み会をしていたら、、”
どこからともなく臭いが飛んできた!という経験はありませんか?
体臭というと夏のイメージが強いですが、実は冬も油断ならないんです!
冬は寒くて汗をかかないから自分は大丈夫、と思っているようでしたら危険です!

ということで、今回は体臭の原因や対策、冬だからこそ気を付けたいことなどをお届けします!!

体臭の原因

体臭というと夏のイメージがあるのは、原因を汗だと思っているからだと思います。
ですが、実は汗は無臭なんです!!
では、何が臭っているのかというと、、、雑菌です!!

汗を栄養として雑菌が繁殖することで臭いが発生するのです。
体臭にも様々な種類がありますが、臭いが生まれる仕組みは雑菌がつくっているんです!

雑菌の繁殖率で臭いはきつくなる!?
体臭の原因は雑菌なので、雑菌が繁殖する環境が整うほど体臭はきつくなります。

《繁殖しやすい環境》
・雑菌の栄養(汗や皮脂、アカなど体からの分泌物)が豊富なところ
・高温多湿なところ

人の体でいうと、頭や口、わき、股、足などが当てはまります。

女性の体臭も色々

オス化臭

不規則な生活やストレスなどで女性ホルモンのバランスが崩れると、男性ホルモンの作用が強く出てしまいます。
そうすると、ベタベタした皮脂が増え、雑菌が繁殖して臭いにつながるのです。

肉食女子臭

肉が好きだからと、肉ばかり食べていると体臭は臭くなります。
動物性の脂質を多く摂取すると、皮脂腺が刺激されて働きが活発になってしまうのです!

疲労臭

疲れが溜まると体内にはアンモニアや乳酸が蓄積され、肝臓でも処理しきれなくなります。
そうして残ったものが血液を巡って、汗で出てくるようになり、疲労臭の原因になるのです。

放置臭

働く女性は週に2,3回程度洗濯できればいい方です。
洗濯物をカゴや洗濯機に放置すれば、雑菌は繁殖して臭いの元になってしまいます。

ストレス臭

ストレスを溜め込んだり、不摂生な生活をしていたりすると、臭い汗が出ます。
緊張や興奮、強いストレスを受けると自律神経のバランスが乱れます。
すると交感神経が優位に立ち、臭いの強い汗を出すアポクリン腺が刺激され、汗の分泌が増えるのです。

冬に気をつけたい体臭

寒さ対策のつもりが体臭の原因に

夏は比較的に通気性の良い薄着で過ごすので、アポクリン汗腺が分泌される度に少しずつ汗と一緒に流れ出します。
しかし、冬は寒さ対策で何枚も重ね着をする上に、素材も通気性が悪く、断熱性のある衣服が中心で臭いがこもりがちに!!
この汗で蒸されて溜まった臭いが衣服や靴を脱いだ時に放出されるので、とても濃い臭いを発生してしまうのです。

移動した後のブーツは要注意

可愛いブーツも悪臭の原因になってしまいます。
ブーツは密閉状態なので、履いて10分もしたら中は湿度100%となり、まるで熱帯雨林状態です。
そして足は汗をたくさんかき、指と指は密着しているので、汗と温度と湿度が満たされ、
雑菌が繁殖しやすい環境が整ってしまうのです。

実は冬の方が汗をかきやすい

日本人は、夏場は基礎代謝が低くなり、冬場になると高くなります。
暖かいオフィスを歩いているだけなのに汗が噴き出してきたりするのはこのせいなんです。
この時に通気性の悪い衣服のままでいると、雑菌が急速に繁殖してしまいます。

冬の体臭対策

汗のケアを怠らない
冬は汗をかくという認識が少ないため、汗を拭くということをしなくなりがち。
また、汗をかいてもそのうち汗が引くだろうと放置してしまいます。
汗をかいたら拭いたり、入浴の時も毛穴の中に詰まっている皮脂や汗を夏同様に洗い流したりしましょう!
室内で少し暑いと感じた時などには上着を脱いだり、少し涼しい所にいってクールダウンするようにすると良いですよ♪
着る服も工夫する
厚着をすることが多いので、化学繊維ではなく、汗や皮脂を吸収しやすい綿100%素材に変えるなど工夫をしましょう!
肌表面もジメジメしにくい環境をつくることが大切です。
洋服の管理を気を付ける
衣類の中に汗や湿気がこもらないよう、風通しが良い場所でしばらく乾かしてから、クローゼットにしまうようにしましょう!
酒、タバコを控える
根本的な体質改善をして、健康的な体質に変えることから始めましょう!
食べ物に気を遣う
▼動物性脂肪や動物性タンパク質、唐辛子、揚げ物は体臭をきつくする
動物性脂肪は、皮脂の分泌が多くなるため、臭い発生のリスクが高まります。
唐辛子は、交感神経を刺激するので、アポクリン腺が刺激されて臭い汗が出ます。
動物性タンパク質と揚げ物も体臭の原因になるので控えるようにしましょう!

▼腸内環境を整える
腸内の乱れも悪臭の原因になるので、腸内デトックスをしましょう。
緑黄色野菜や果物、海藻類に多い食物繊維をしっかり摂って、便秘を解消!

▼酸っぱい食品で疲労回復
クエン酸が多く含まれる、お酢や梅干しなどの酸っぱい食品には、乳酸の増加を抑え、
疲労臭の元になるアンモニアが汗に出にくくなります。

冬でも体臭は油断出来ないということが伝わりましたでしょうか?
そんなに汗をかかないからと油断せず、臭う前に予防していきましょう!