My Break! Times 第097回 毛が濃くて見られたくない。。そんな悩みとはもうさよならしましょう♪

 
何歳になっても気になるのが体毛。。
この時期だと服に隠れてるから処理を怠っているという人もいるかもしれませんね。
でも、この時期にサボっていると、”暖房でちょっと暑いから腕まくりしたいけど長袖脱げない・・”
ということにもなりかねません。

なので、今回は体毛を薄くする方法についてまとめてみました!

そもそも体毛ってどうして生えるの?

体毛はただ生えているだけなのではありません。
体毛は、体を守るために生えているんです!!
と言っても、現代では服で肌は守られているので、ちゃんと体を守る働きをしているのはまつ毛や鼻毛くらいです。
まつ毛や鼻毛は、目や鼻に異物が入らないためにフィルターの役割をしているのです!

今ではムダ毛と言われている腕や足の毛、わき毛も昔は生えている意味があったのです。
例えばわき毛ですが、人がまだ言葉を使っていなかった頃には、わき毛に溜まる独特の匂いで仲間とコミュニケーションをとっていたそうです。

でも、もう言葉も服もあるのでムダ毛は名前の通りいらないですよね。。

気をつけたいポイント2つ!

剃る、抜くなど刺激はNG
体毛は体を守る働きがあります。
なので、怪我をすると一時的に体毛が濃くなることもあります。
昔に比べて体毛が薄くなったのは、今は服で皮膚が守られているからなんです!

カミソリで剃ったり、抜いたりする行為は、怪我ではないですが、皮膚にとっては刺激になります。
そのため、体毛が濃くなってしまうのです!
また、マッサージをする時も何もつけずに行うと、それだけで刺激になってしまうのでクリームなどを付けるようにしましょう!
体を冷やさない
腕や足に生えている毛は、空気の層を作ることで断熱材の役割をし、体温を維持するために生えています。
なので、体が冷えると、寒さから身を守ろうとして毛が濃くなるのです。
寒いこの季節は体を冷やしがちなので、しっかり寒さ対策をするようにしましょう!!

大事なのはホルモンバランス!?

体毛の濃さとホルモンバランスには関係があります。
実は、女性も男性ホルモンを持っており、その量は男性の10分の1程度なのですが、この男性ホルモンが毛の発育を促すのです。

女性ホルモンは、この男性ホルモンを抑えています。
しかし、何らかの理由で女性ホルモンが減り、男性ホルモンが増加すると、ホルモンバランスが崩れ、体毛が濃くなったり、毛の量が多くなったりするのです。

男性が女性より毛が濃いのにも納得ですよね。

女性ホルモンを増やそう!!

”男性ホルモンが毛を生やし、それを女性ホルモンが抑制する”のであれば女性ホルモンを増やせばいいと思いますよね。
ですが、意外と女性ホルモンを減らす行動をしてしまっているかもしれません。
女性ホルモンを増やすために気をつけたい生活習慣を送れるよう確認していきましょう!

脂肪分を減らさない
過度なダイエットなどで急激に脂肪分を減らすとホルモンバランスは崩れてしまいます。
「脂肪」は女性ホルモンの原料なので、急激に減らしてしまうと体内ホルモンを作る量が少なくなってしまうのです。
その結果、男性ホルモンが活発になり、体毛が濃くなります。

無理なダイエットをせず、規則正しい生活の中でダイエットするようにしましょう!
添加物は避け、よく噛む
食品添加物は肝臓を疲れさせ、ホルモンバランスを乱します。
コンビニ弁当、外食、お菓子、ソフトドリンクなどには食品添加物が含まれていることが多いです。
食品を買う時には添加物表示を見て、保存料・着色料・酸化防止剤などの添加物が入っていないか確認し、なるべく避けるようにしましょう!

と言っても自炊する時間がなかなか取れないという人もいると思います。
そういう人は、意識してよく噛んで食べるようにしてください!
食事の時間、回数、食品も大切に
食事の回数や時間をバラバラにすると体内時計が狂ってしまったり、偏った食生活をするとホルモンバランスが乱れてしまいます。
女性ホルモンを増やす成分を含む食品もあるので、バランスを考えながら摂り入れてみてください!

< 女性ホルモンに必要な食品 >
たんぱく質・・・肉・魚・卵・チーズ・大豆
鉄分・・・赤身肉・レバー・ひじき・ナッツ
ビタミンE・・・かぼちゃ・アボカド・アーモンド・なたね油
ストレスを溜めない
ストレスは女性ホルモンの分泌に関係している脳を混乱させてしまいます。
脳が混乱することで女性ホルモンも混乱し、バランスが乱れてしまうのです。

泣くことはストレスを和らげる効果があるので、泣ける映画などを見てストレス発散しましょう!
睡眠不足、夜型生活はダメ
睡眠不足や夜型生活もホルモンバランスを崩してしまいます。
朝型生活にし、睡眠時間を6時間以上とり、睡眠の質を上げるようにしましょう!

質を上げるためには、就寝1時間前までに風呂に入り、スマホやテレビを消し、部屋を暗くして音楽を聞いたり、ストレッチをしたりしましょう!
タバコは女性ホルモンの敵
喫煙は女性ホルモンを分解するうえに、分泌の阻害もするので女性ホルモンが減ってしまいます。
さらには、血行も悪くなるので、女性ホルモンを分泌する卵巣の働きも低下させるのです。
喫煙習慣のある人は徐々に禁煙していきましょう!
適度な運動をしよう
運動は自律神経を活性化させて、ホルモンバランスを整えます!
近所を歩くようにしたり、階段を使うなど、普段の生活で少し意識して体を動かすようにしましょう!

 
抑毛クリームに含まれる大豆イソフラボンも女性ホルモンと似た働きをしてくれるのでおすすめです!
効果が出るには時間がかかるので、今のうちからコツコツ対策して来年の夏までに薄毛女子を目指しましょう♪